コラム

ネガティブな感情から抜け出す

さて、前回のブログでは父親に「おまえには出来るわけがない」と言われた人が否定されることを極端に嫌い、自由でありたいという信念に捕らわれて人生にもトレードにも影響が出てしまうというお話だった。

彼はこのことにとらわれて生きてきたわけですが、なぜ父親とこんな関係になってしまったのだろうか。簡単に言えば「コミュニケーション」が上手くとれなかったことが原因だ。

「お前には出来るわけがない」と言われたとき彼は、親に信頼されていない、進む道を束縛された、駄目人間と思われているんだ、親から愛されていないという気持ちになっただろう。そしてそのときの負の感情とその言葉が脳の潜在意識に刻まれてしまった。

その結果、否定をされる度に、そのときの負の感情が蘇り相手を否定するという行動にでてしまうのだ。それによって意識的ではなくても無意識に行動が出てしまうことになる。

しかしよく冷静に考えてみよう。

彼がとらえたように、父親は本当に子に対して「わが子は出来ない、駄目人間だ」と思っていたのだろうか?本当に愛していなかったのだろうか?

おそらく父親は子供に危険なリスクをおかしてほしくなかったのだろう。愛していないどころかむしろその逆である。おかしなことに彼が感じた事と親が伝えようとしたことがすれ違いになっているというわけだ。

親が子供に対して健康で幸福に育ってほしいと願うのは当然のことだ。ただ、親の選択が子供の将来にとって良かったのかどうかは別問題で、その選択によっては問題となる可能性もあるようだ。

彼は、父親が伝えようとしていることや感情を、違うように捉えてしまった。だからその思い込みの感情から逃げようとすればするほど、柔軟な思考ではなくなってしまう。

では彼はどうやってのりこえたのだろうか?

彼はトレーダーコーチングの個人カウンセリングでコミュニケーション能力を学ぶことであることに気づいた。もう察しがつく人もいるはずだ。

父親が自分を否定しているのではなく、むしろ愛しているからこそでた言葉だった。

「お前には出来るわけがない」ではなく、「苦労をしてほしくない」というメッセージだったのだ。

マーケットとのコミュニケーションもこれと同じだ。トレーダーの捉え方や思い込みによって失敗に至るケースは多い。

トレーダーにとって、こういった思い込みや偏見に囚われないニュートラルな心理を養うことが重要である。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です