コンサル

トレードで重要なのは、自分の行動を知ること

 

負けている本当の原因を探ろう

トレードの世界でどうしていろんな手法を求めて旅をしている人が多いかというと、勝てなくなった時に、原因を見つけられていないことが多いからです。ネットでは、いろんな人のいろんな考えが書いてあり、その人の偏った思考や経験だったり、その人の商品や情報を売るためのポジショントークだってあるわけです。そこに惑わされてしまうと、地に足をつけて学び、練習をしながら上達する前に、原因が外にあると勘違いしてしまい、目移りしてしまうわけです。

例えば、「相場はランダムだから、法則はない」というのもよく討論している一つだったりしますね。人は、自分が信じたいものを信じる、ただそれだけのような気もします。今まで成功してきた人を見てみると、ロジックの中身を修正をしなくてよいスイングのロジックだけで勝っていたり、寄り引けなどの修正が必要なロジックだけで勝っている人もいれば、私のように、複数のロジックをバランスよく扱う人もいます。大切なのは、人に左右されずに、自分の行動を管理することです。そもそも市場の状態や相場つきによって、どのロジックを扱うかは裁量での判断すので、裁量が良いとかシステムが良いとかの問題ではないはず。もし長い間負けているなら、どこかに問題があるはずです。例えば、自分が作った売買ロジックをカーブフイッティングさせてしまっているとか。自分の性格や価値観、信念、行動パターンを知り、管理、コントロールできるようにすることです。

日記をつけて自分の行動を知ろう

私はブログでリアルフォワードテストの成績を公開してますが、うまくいっていない方は、私の運用の方法と何が違うのか?いつ、どんなロジックをどんな理由で停止したり、修正したりしているのか?自分の行動との違う点を日記をつけて見つけることもヒントになるかと思います。私は、口座を複数持って運用してますが、その一つは、ブログと同じように運用をしています。もしうまくいっていない人は、ぜひ、正しい原因を見つけて解決し、上達していく道を歩んでください。

先週の週刊レポートで公開したケンシロウの月間成績。

ブログと同じように運用している私の口座の成績。(岡三証券の口座)

 

 

 

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です