日経先物売買手法

私がトレードにNLPを取り入れたわけ

こんにちは、

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

今日は、なぜ10年以上前に、

NLP心理学がトレードに有効だと気づき、

トレードに取り入れたのか?

おj話したいと思います。

 

まずは、こちらを見てください。

 

こちらは、バン・K・タープ氏の本です。

私が影響を受けた本のひとつですが、

 

ここに、「NLP心理学」

についてのことが書かれております。

 

 

” alt=”” width=”240″ height=”240″ data-img=”affiliate” data-src=”https://p.odsyms15.com/3g4gICvYWo0CI6ynWtjoB5″ />
新版 魔術師たちの心理学
Amazon(アマゾン)
2,079円

 

 

http://www.reed-jp.com/tradebook/

以下に、簡単にまとめます。

才能は学ぶことができ、

スキルを教えるうえで重要なのは、

 

その天才たちのスキルを

モデル化することである。

 

そのモデル化の科学が

発展してきたのが

NLP(神経言語プログラミング。

 

私は、トップトレーダーや

一流投資家のモデル化から得られた

モデルを教えるだけだ。

 

NLPセミナーに

何度も出席しているうちに、

 

やがてモデル化プロセス

そのものが理解できるようになる。

 

私がモデル化したのは、

トレーディングの3つの主要要素

と富を築くプロセスだ。

 

————————-ここまで

 

つまり、

バン・K・タープ氏は、

NLPのモデル化の科学を使って、

成功トレーダーの3つの要素をモデル化し、

多くの成功トレーダーを輩出したわけです。

 

さて、私の場合は、どうしたのか?

 

私の場合、

バン・K・タープ氏のように、

NLP心理学を習得したのが最初でした。

 

それから、

知り合いの成功された

システムトレーダーの伝手で

出版をするチャンスが巡ってきました。

 

私は、この機会がチャンスだと思い、

その時を狙って、海外にわたって、

モデルになるシステムトレーダーの

成功者たちに会いに行ったのです。

 

そして、その内容を本にしました。

 

それから、研究を繰り返し、

システムトレードに必要な要素である

3つのことをモデル化しました。

 

・プロたちと同じテクニカル分析や

規則性が検証でき、売買ロジックが作れる。

(一般のテクニカルとは違う)

 

・複数の売買ロジックをバランスよく運用できる

ポジションサイジングとリスク管理ができる。

 

・感情コントロールができるように、

自分で検証がロジック作成ができる。

 

それで完成したのが、

KENSHIROー225のソフトです。

 

ケンシロウは、

日本語選択やマスス操作やテンキーだけで

動かすことができます。

 

さらに、

「ロビンスカップの魔術師たち」の本

に書いてあるような、

 

プロたちが使っている

テクニカル分析のフイルタが搭載されています。

 

それがこちら

” alt=”” width=”240″ height=”240″ data-img=”affiliate” data-src=”https://p.odsyms15.com/NGZTaUAgZOjTtGvsEOg854″ />
ロビンスカップの魔術師たち トレードコンテストのチャンピオンが語るトレーディングの極意 (ウィザードブックシリーズ)
Amazon(アマゾン)
750〜6,395円

 

 

 

何も知らない人は、

「どうして私たちが使っている

テクニカル分析があまり入ってないんだ」

といわれる人もいます。

 

これは、

「代表性バイアス」といって、

 

「何かは何かを代表するもの」

であるとされている時、

 

「本当にそれを代表する」

と思い込んでしまうバイアスが存在し、

 

まさしく、その思い込みに

合っているわけです。

 

まさか、

成功しているシステムトレーダーが

自分たちとテクニカル分析の

概念が違うとは、思ってもみないでしょう。

 

 

さらに、数年前までは、

トレーダーコーチングと題して、

 

トレーダーが感情をコントロールする方法

を教える講座を開催してました。

 

今でこそ、「トレードに心理は重要」

というのが当たり前になっていますが、

 

10年ほど前に、東京で開催した時は、

誰もそのようなセミナーを開催したことはなく、

 

仮に、重要だと気付いたとしても

実際に、そのスキルを教えることなど

誰もやっていなかったと思います。

 

ですから、

NLPトレーダーコーチングの第一人者

として、セミナーを開催していたわけです。

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です