売買ロジック修正報告

調整局面日中売りのサブフイルタ修正・追加

こんにちは、 

シストレがうまくなる
ケンシロウ225の村居孝美です。

 

最近、すぐれなかった

調整局面日中売り

定期健診してみたところ、

 

劣化しているサブフイルタが

あったのと

SQ日当日は成績が

悪かったので、修正・追加。

-------------------------–

*定期健診とは、

作った時の手順通りに

ひとつづつ、

フイルタ条件の検証を行い、

成績グラフの偏りが

なくなっていないかを確認すること。

-------------------------–

 

▮まずは、劣化していた

ローソク足フィルタの条件の修正を書きます。

 

現在入れているサブフィルタの条件

【本日の日経の『終値-始値』が-●●●円である】

【本日の日経の『終値-始値』が-●●●円以下である】

に反転させて、検証結果を確認してみた。

 

反転された検証結果を確認することで、

フイルタ条件で売買を省いている方の売買結果を確認する。

 

結果を確認してみると、

最近は、右肩下がりになっていないようだ。

つまり、負けだけを外している結果になっていない。

 

修正が必要と判断。

 

もう少し、マイナスからプラスの方に

数値を上げてみながら、検証してみる。

-----------------------------------—
例:-200の場合なら、-150、-100

というように、数値を上げることで、

陽線~-200までの陰線の

数値の範囲を狭くしていく。

 

仮に、-200円超という条件にした場合、

ケンシロウは、-200円の陰線より、

短い陰線+陽線である場合は条件を満たすが、

-200円よりも長い陰線は、条件を満たさない。

-----------------------------------—

一番右肩下がりになる数値を見つけた。
(以下の結果)

ローソク足は、この数値に決定。

 

次に、すべての条件を入れた最後に

すべてのSQ日当日のみを検証してみた。

 

なんと、負けているではないか(笑)

これは、「すべてのSQ【日】当日を省く条件」

を追加した方がいいと判断。

 

最終結果がこちら

これで、サブフイルタの最適化(修正と追加)が終了。

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です