日経先物運用報告

米国市場が休日の日中は下がりやすいの?

こんにちは、村居孝美です。

 

今日は、

アメリカ独立記念日で

米国市場はお休みですね。

 

それもあってか

本日の日経平均は、

小陽線で終了。

 

日経平均 日足チャート

 

さて、今日のような日は、

こんな疑問を持たないですか?

 

「米国市場が休日の時は、

値動きがないから

 

225先物や日経平均は、

下がりやすいの?上がりやすいの?

どっち?」

 

そのような疑問をもたれた方のために、

検証してみようと思います。

 

KENSHIRO225を使えば、

イベント日の検証もできてしまいます。

 

結果がこちら

条件は、

「アメリカ市場が休みの当日の、

日中始値で買い、終値で決済。」

 

 

ん~

毎年バラバラだし、

ランダムに近いですね。

 

では、前日はどうかな?

 

条件は、

「アメリカ市場が休みの前日の、

日中始値で買い、終値で決済。」

 

なんと、ほとんどの年が、

買うと負けている結果になりました。

 

つまり、下がりやすいということです。

 

そういえば、昨日は、陰線でしたね。

 

「もっと早くいえよー」

という声が聞こえそうです。

 

しかし、イベントには、

こういった偏りが発生するんですね。

 

検証は重要です!!

では、では!!

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です