ETF・日経先物売買手法

200日移動平均付近からの下落

こんにちは、村居孝美です。

 

本日の日経平均は、

200日移動平均線付近で始まり、
そのまま下落

 

ドル円も下落してましたし、
NYダウも十字線の格好となっており、

ここからは、上値が重い印象。

 

200日移動平均を突破できるのか?

それともBOX継続か?

に注目したいところです。

 

日経平均 日足チャート

 

NYダウ 日足チャート

 

さて、今日は、

ダイエットの経験に基づいた
スムーズに成功するトレードの方法
お話したいと思います。

 

私は過去に10キロ程、
体重を落とした経験
がありますが、

その時に大切なのは、

本当に太るものを食べない代わりに、

そんなに太らないものは食べるということです。

 

例えば、炭水化物や麺をとらない代わりに、

ビールを飲みながらおかずは普通に食べます。

 

おやつは、お菓子は食べないが、

代わりにナッツ類、果物でとる等・・・

 

代替えを決めるのです。

 

1日の中で一番多く量を食べる時には、

脂肪を落とす漢方薬

一緒に取るようにすると

さらに効果的です。

 

すると、お通じもよくなります。

 

これが最初のステップです。

 

そうやっているうちに、

沢山の量が食べられなくなってきます。

 

これだけでも体重が減るので、

小さな成功体験ができて、

次のステップにいけます。

 

 

トレードでも同じことが言えて、

 

最初は、トレード資金だけで

増やそうと考えずに、

 

給料から、トレード資金を増やしていきます。

 

毎月、〇円は、

トレーディングの口座に入れると決めて

資金を追加していけば、

 

口座の中のお金は増えていくか

損失があってもその分を補填できます。

 

そうすれば、精神的にも安定して

トレードが続けられます。

 

うまくなるまで、

時間がかかりますので、

 

そのように金を安定させながら、

練習を積んでいくと、

知識がついて、技術が向上し、

半年、年間を通じて、

少しでも利益を出せるようになったら、

成功体験ができます。

 

これが最初のステップです。

 

その時には、

利益と貯蓄した分

お金が増えていますので、

ポジションサイズを増やすことができます。

 

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

” alt=”にほんブログ村 株ブログへ” width=”88″ height=”31″ border=”0″ data-src=”//stock.blogmura.com/img/stock88_31.gif” /> ” alt=”にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ” width=”88″ height=”31″ border=”0″ data-src=”https://b.blogmura.com/futures/225/88_31.gif” />

 

” data-src=”https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2664_2.gif” />
トレード日記ランキング

 

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です