コラム

日経225トレードをやる理由

アベノミクスでは、

リフレ政策をもとにした
日本経済の立て直しのため、

円を大量に供給して
景気を良くしようとしています。

*リフレ政策とは、緩やかで安定的な
 インフレ(物価上昇)を
 目指す政策のことです。

すると、「円安になって景気が良くなる」
と考える人が増え、円を売ったり株を買う人が増え、
それによって実際に円安・株高になっています。

日銀ETFもできたぐらいですから、
日経平均が上がってくる可能性が高いのは
皆さんも分かっていたのではないかと思います。

昔から、「政策に売りなし」とはよくいったものです。

実際に、日経平均は上昇していっていますよね。

そこで考えてみてほしいのです。

日経平均が上がっていくのですから、
日経平均をもとに売買をした方が

もっとも簡単に安心して、
波に乗れるのではないかということを・・・

ただ、この波の後には、
暴落が待っているのはご存じだと思います。

その暴落でも利益を出す方法があります。

つまり、上昇時には上がる波に乗って、
暴落時には、下がる波に乗る。

それには、有効なタイミングを
見つけることが重要です。

それができるのが、
ケンシロウ・トレードなのです。

しかし、負けている多くの方が、
今やっている市場に拘り続けています。

「株で負けた損は、株で取り戻せ」
という考えている人が多いようです。

利益を出している人は、
儲けやすい市場に変わっていきます。

あなたは、どちらの投資家を目指しますか?

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です