KENSHIRO225利用者のお声

あ~こういうことだったんだ!と確信しました:トレード体験の声

こんにちは、

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

今日は、KENSHIRO-225を使った
225先物システムトレードをされた人の

声を載せたいと思います。

 

この感想を読むと、

多くの人がシステムトレードで

失敗する理由が

わかるのではないかと思います。

是非、参考にしてください。

 

~ここから~

 

「あ~こういうことだったんだ!と確信しました」

—————————————-

こんにちは。

私は、今までFXの裁量トレードをやっていて、

成績がいまいちでしたので、

他のトレードもよいものがあれば、

やってみたいという思いはありました。

そんなある日、

Twitterのツイートで、

KENSHIRO-225というソフトを使って

 

225先物のシステムトレードで

利益を上げている人を見つけたのが、

この方法を知ったきっかけです。

 

今回、私が

このような成功体験

が経験できたのは、

長年の経験とある程度の知識があって、

 

知り合いもこの方法で

上手くいっていることから、

 

私も信じてみようという

思いがあったからこそ、

 

殆どの人が超えることができない

最初の試練を乗り越えて、

 

次の段階へと成長することが

できたのかもしれないと思っております。

 

とはいいいますのは、

トレードの成功している人が

よくいっている言葉があります。

 

・予想はするな

・期待値で利益を狙う

・リスクを受け入れなさい

・統計を理解する

 

などなどです。

 

頭では理解していたつもりでしたが、

今回の経験をするまでは、

 

本当の意味で理解していなかった、

のだということがよくわかりました。

 

たしか、

村居先生のツイートだったと思うのですが、

以下のことが書かれていました。

 

・裁量は直近(本日を含む)の傾向を狙う

・システム売買は、長期的に継続している傾向を狙う

 

もし、私が、この違いを

理解していなかったら、

 

負けた時に、裁量を

やってしまったかもしれなかったです。

 

前置きが長くてすみません。

 

実は、私がこの方法を始めた時は、

今まで調子よかったのが、

悪くなり始めた時だったんですね。

 

過去の検証結果の資産曲線を見たら、

良くなったり、悪くなったりしているので、

 

「そりゃあ、当然だろう」

と思うんですが、

 

実際に売買を始めると、

これがなかなかきついんですよね。

 

この時期が辛抱できるかが、

「成功できるかどうかの分かれ道」

だということを

村居先生はよく書かれてましたから、

 

「よ~し、思い切って、

辛抱してみようじゃないか」

という思いだったんです。

 

すると不思議なことに、
そういう視点になったとたんに、

 

村居先生が言っていた

リスクの許容範囲とかに、

自然と目が向いたんです。

 

「我慢するのなら、

枚数を落として辛抱できる程度に

抑えないとだめだな」

と思い、

 

「自分が最悪、

どれくらいの損失になったら

我慢できなくなるんだろう」

とかの模索し始めたんです。

 

そうしたら、

売買ロジックが複数使うことでの

リスクバランスなどが

役に立っていることとか・・・

 

どんどんわかるようになっていったんですよ。

 

 

そして、

一か月以上のドローダウンが続き、

 

「本当なら、ここでやめているけど、

耐えられる想定内の損失で済んでるなあ」

と思いつつも辛抱をしていました。

 

そんなある日、

突然、大きな利益になる日がありました。

 

それをきっかけに、

怒涛の利益の連続になるではありませんか。

 

「えっ、とうとう来たのか」

という喜びの中、

今までのドローダウン以上の利益になり、

資産グラフが右肩上がりになっていったんです。

 

利回りも、

今までにない想定外の利益になりました。

 

あ~これだったんだな

と一人でうなづいていました。

 

なぜか、すごく自信がつき、

成功している人たちが

言っていることが

心から納得した瞬間でした。

 

この感覚は、

リスクと向き合ってみて、

 

リスクの対策をした時にこそ

わかるものなんですね。

 

~ここまで~

 

皆さん、この感想を読んで

どう思われましたか?

 

どんなすごい売買手法でも

良い時期、悪い時期があります。

 

悪い時期に、どう耐えるかが

トレードのかなめでもあります。

 

ポジションサイズを落とし、

複数の売買ロジックで分散し、

 

ローリスク、ハイリターンモデルの

売買スタイルを目指せるのが

KENSHIRO-225トレードです。

 

そのモデルの売買手法を

個人投資家でも

再現できるようにしたソフトです。

 

KENSHIRO-225トレードを

始められた1人でも多くの人が

成功するように、心から願っております。

 

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です