日経先物運用報告

前場で大きく下げたものの、反発後にまたもや動かず下髭陰線で終了。

こんにちは、村居孝美です。

 

本日の日経平均は、

昨夜の米国安を受けて

大きくギャップダウンで始まり、

 

前場で大きく下げたものの

反発後にまたもや動かず

下髭陰線で終了。

 

米10年債利回りも低下しており、

サポートを割ったら

さらに下落もあり得る。

 

日経平均 日足チャート

 

本日の225システムは、

日中売りスイング買いのサインが出た。

 

日中売り、+70円幅の利益となったが、

スイング買い悩みどころ

 

本来は反転から

上昇していくところを狙うロジックだが、

 

昨夜の下げの影響で、大きく下がって、

サポート付近で下げ止まった日に

エントリーとなった。

この場合、過去の検証

思惑と違う時には、成績が良くないなら、

様子見もOKだ。

 

とりあえず、サンプルでは、

エントリーとして扱うことにする。

 

今月のサンプルのは成績は、

これで43,000円のプラス

(GWのスイング買いを省く)

 

(講座で教えているアイディアのロジック10種)

(短期 mini2枚 中長期 mini1枚)の場合

 

今のところ、4月、5月は低空飛行だが、

トランプの発言などにより、

難しい相場が続いている中で

 

利益が出ているだけでも

大したもんだ。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です