日経先物運用報告

えっ、こんな日でも上がるの?

えっ、こんな日でも上がるの?

あなたは、今日の日経平均株価を見て、
そのように思われませんでしたか?

すくなからず、わたしは、そう思いました。

なぜなら・・・

私が朝、チャートを確認したときには、こうでした。
ダウン

「先週の金曜の日中は下がって終わってる。

NYダウも弱く、ナイトセッション(夜の時間帯)も
下がって終わってる。

今日の日経平均の気配値をみてみると、
大きく下がって始まりそうだ。

今日は上がりそうにないなぁ」

と、こんな調子です。

チャート以外には、
緊急に下がる材料も特にないのですが、
上がる材料を探してみても、特にない。

しかも、チャートを見ると、戻り売りにしか見えない・・・

システムトレードをやっていないなら、
戻り売りで空売りをしていたことでしょう。

で・・・もし・・今日・・・空売りでエントリーしていたら・・・

9時に始まった日経平均は、一旦、上下に振れたものの、
一直線に上昇していきました。

日経平均 10分足チャート



 

見事です。
見事に上昇していき、惨敗だったのです。

このように相場は、

みんなの期待を裏切ることがよく起こります。

みなさんも経験があると思います。

 

では、システムトレードをしていた、

本日の私は、どうだったかというと、こうでした。

ダウン

朝のサインを確認。

日経225先物miniの日中買いのサインが・・・

つまり、本日の8時45分に買い、15時15分に決済ということ。

「え~こんな日に買いのサインがでるものなのか?

しかし、自分が作った売買ロジックだから、
どうして、こういう日にサインが出るのかを知っている。

そうだ。散々確認して納得して作ったんだ。

そういえば、この売買ロジックは、
こういう日に良くサインが出て、
それでも利益を積み上げていってったっけ。

材料がない日にチャートだけを見て、
まだどちらか分からない状況の時には、
統計の優位性がある君の方が正解だったよな

もちろん、君が苦手な時期もあるけど、
今日は、そんな日ではない。

よし、今日は買いだ」

というわけで、

ご想像の通り、見事に利益が出たのです。

いかがでしょうか?
これは本日おきた出来事であり、実際の話です。

これこそが、統計の根拠(優位性)を基に
トレードを行うメリットのひとつです。

チャートや株価を見るだけで、
根拠を確認していない売買をしてきた多くの投資家は、

コツコツドカンとやられてしまうことや
悩みながらの売買が苦痛だと
いわれる人が後を立ちません。

特にサラリーマンの方においては、
パソコンに入りついてのトレードができないので、

チャート情報や材料においても、

情報が乏しくなってしまいがちです。

だからこそ、パソコンに張り付いていなくても
信じられる何かがほしい。

根拠のある何かがほしい。

背中を押してほしい。

そう思っておられる方が多いはずです。

そんな方には、是非、

「日本語で選択をするだけで

 

優位性のあるタイミングを探す検証ができる、

 

そして、タイミングが合致した日には、サインを表示してくれる
KENSHIRO-225ソフトを試してほしいと思います。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

 


トレード日記ランキング

「楽して稼げる株式投資」の常識・非常識

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。