日経先物運用報告

1月の売買スタート

こんにちは。
スーパートレーディングスクールREED
校長の村居です。

1月は季節性から考えると
下がる傾向にあったのですが、

1週目のイベントにて上昇が連続し、
継続して上がっていく材料がないのに、
どうして?という疑問を持ちつつ、
雇用統計後の動きを見てみようと・・・

本来は9日から売りで入ろうと考えていたが、
1日待ち、昨日からトレードをスタート。

9日は陰線、10日は小幅陽線、
ナイト市場で下げがきて、
今年も2週目の仕掛け的な動きに。。。

日中買い、ナイト市場売り(1月限定ロジック)にて
利益は出たものの、
なかなか渋い展開のマーケットです。

--------------------------------------------------—

因みに昨夜は、米国債購入ペース低下・停止、中国当局者が提言
というブルームバーグの報道を受けて、
225先物のナイト市場はドル円の円高進行と米株安で下落。
NYダウは小幅反落に留まった。

■ナイト市場 ■NYダウ

■米10年債利回り

■日本10年国債利回り

一般的な順張り買いロジックに関しては、
日経平均がいつ下げ止まるのかを見ていきます。
下げ止まったらスタートさせていきます。

とりあえず、本日、陽線になったら試し打ち。

売りも反発が来る可能性もありますので、
ポジションのサイズには注意していきたいです。

ポイントとしては、
日銀の国債オペの減額を受けて上昇した
日本の10年債利回りとドル円の動きに注目。

■ドル円

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

アノマリーを知るには、トレーダーショップで販売されている源太カレンダーがおすすめです。

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です