売買ロジック修正報告

本日の225先物miniシステム(280円の損失)ロスカット幅の修正をする

こんにちは、 

シストレがうまくなる
KENSHIRO-225 開発者の村居孝美です。

 

本日の日経平均は、

後場から上昇したものの失速、

上髭陽線で終了した。

 

日経平均 日足チャート

 

■本日の225先物miniシステムの結果
・日中売り(下落傾向狙い)  -150円幅×min2枚の損失

・日中売り(調整局面)  +10円幅×min2枚の利益

 

▮本日の成績 -28,000円

 

▮7月の成績結果 -73,000円

 

▮損益合計 +549.000円

▮運用資金 107万

 

 

しまった、

日中売りのロジックが3つのうち、

2つは、ロスカット幅を広げたのに、

下落傾向狙いだけ、忘れてた!!

 

ということで、

他の2つと同様に、ロスカット幅を広げます。

 

私の場合は、今回のケースでは、

他の日中売りと同じように、

200円より大きい方に検証していきますかね。

 

「ロスカット幅を決める場合の注意点」

---------------------------------------------

私の経験では、ロスカットは、

最低でも、150円くらいから広げていくのが基本です。

 

ですので、

150円~ロスカットなしまで比較をして、

良い数値を探していきます。

 

どの数値がいいかの正解はありません。

 

・全体に勝ちが多い方を選ぶのか、

 

・最大DDが少ない方を選ぶのか、

 

・今年の成績を有瀬インするのか

 

いろんなバランスを見て、

本人の納得する成績で

折り合いをつけないといけないです。

 

ですが、150円よりも狭いと、

すぐにロスカットされて

ロスカット貧乏になります。

 

お気をつけて。

 

 

 

KENSHIRO-225トレード体験 

8ステップオンライン講座

 

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

 


トレード日記ランキング

相場の法則から年利144%達成の手法を1日で作る!

ケンシロウ225を体験
①テクニカル分析を多用した、デイトレードやスキャルピング
②プログラム内容が不透明な自動売買
③業績を根拠にした株式投資

これらで負けていませんか?実は大半のトレーダーは上記のやり方で結果が出ず、投資の世界から去っています。

ですが、私が開発した、日経平均先物のシストレ「ケンシロウ225」は、上記のよくある負けトレードとは一線を画すものです。

相場のクセを見抜いて売買ルール化し、それを淡々と繰り返すだけで、2019年は144%、2020年は80%の年間利回りを得ることができました。

相場に張り付く必要はなく、1日に数回サインにしたがって売買をするだけ。さらに売買の完全自動化も可能です。

今回は高いリターンを叩き出した複数の売買ロジックのうち、2種類の作り方を皆さんに共有いたします。

世間にあふれているよくある株やFXのトレードで結果が出なかったのなら、新しいやり方に挑戦するタイミングです!

年間利回り144%の手法を体験する!

↓ブログランキングに登録しました。
できれば両方ポチよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 システムトレードへ にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です